良い借金と悪い借金

不動産投資はサラリーマンであれば誰でもできます。

では、なぜサラリーマンならできるのか?

それは、手元にまとまった資金がなくても、融資をうけて不動産を買うことができるからです。

融資を受けられるというのは、サラリーマンの大きな特権なのです。

「融資」とはいっても、言い方を変えれば借金ですよね。

日本人の多くは借金に悪い印象をもっています。

特に古い年代の方に多いですね。

親兄弟であっても金の貸し借りだけはするな!

絶対に連帯保証人にだけはなるな!

借金をすると、怖い人が職場にまで取り立てにくる!

など、昭和の時代にはよく言われていたことです。




実は、「借金」といっても良い借金と悪い借金があります。

良い借金というのは、そのお金を使って自分の資産を増やす。

言い換えれば、投資をするために借金をすることです。

自分のお金だけではできない投資を、人からお金を借りて行う。

その結果、自分のお金だけではできなかった資産の拡大が可能になります。

個人だけではなく企業でも同じことがいえます。

ソフトバンクグループは18兆円の借金をしています。

金額だけ見ると、とてつもない借金のように思えますよね。

でも、この借金を元手に設備投資や新事業展開などを行っているので、前向きな借金(良い借金)と言えます。

一方、悪い借金というのは、自分の資産を減らし家計を逼迫させる借金です。

ギャンブルで負けを取り返すために借金し、さらに負けが大きくなる・・・などはその典型例ですね。

余談ですが、マイホームを買う為の借金(住宅ローン)や車を買う為の借金(マイカーローン)はどちらの借金でしょうか。

それは、悪い借金です。

マイホームやマイカーを買うことによって、家族のためにもなり心豊かな生活を送れることでしょう。

しかし、それらを買っても収入を生んでくれず、所有するだけで出費が増えていきます。

資産ではなくて負債ということですね。

では、不動産投資のための借金は、良い借金・悪い借金どちらでしょうか?

借金をすることによって、自己資金だけではできなかった大きな投資ができ、資産拡大スピードも格段に速くなります。

ですから、良い借金といえるのです。



コメントを残す