浪費・消費・投資の違いとはなにか?

お金の使い方には3種類あります。

1.消費
2.投資
3.浪費

です。

1の消費というのは、生活必需品を買うように自分のためにお金を使うこと。

2の投資というのは、人のためにお金をつかうこと。

例えば、株を購入したとします。

自分が儲かりたいというのが動機だとしても、株を買う事によってその企業に出資(人のため)したことになります。

3の浪費というのは、誰のためにもならないことにお金をつかうこと。

そして、お金というのは「感謝の気持ち」を可視化したものともいえます。

お金が入ってくるということは、それだけ人から感謝の気持ちが入ってくるということ。

自分のためにお金を消費をしても、だれからも感謝されないのでお金は入ってきません。

浪費はもってのほかですね。

投資というのは人の役に立つもの。

ですので、その感謝の気持ちとして自分にお金が戻ってきます。

これがリターンと呼ばれるものですね。

コメントを残す