毎月給料の他に5万円の収入があったら嬉しくないですか?

ぼくは地方の古い戸建てを好んで買っています。

そのなかに、利回り20%の300万円の物件があります。

利回り20%ということは、300万円×20%=60万円。

300万円を投資して、年間に60万円のリターンがあるということです。

60万円を12か月で割ると、ひと月に5万円。

言い換えれば、月々5万円の家賃がもらえる不動産を300万円で買ったということになります。

本業の給料以外に、毎月5万円の収入があったら嬉しくないですか?

家計も大助かりに違いありません。

コロナの影響で個人経営の飲食店がたくさん廃業になりました。

2か月も3ヶ月も営業自粛で収入ナシですものね。

そんな時、収入をもたらしくてくれる不動産があったらどうですか?

本業の収入がゼロでも、不動産から5万円得られればかなり助かるのではないでしょうか。

だから、わたしは飲食業に限らず商売を始める人には、まず収益不動産を買った方がいいですよ。と言いたいですね。

利回り20%で300万円の物件は、そんなに珍しいものでもありません。

一般人でも普通にネットで探せる物件です。

現金がなければ融資を受けて買うこともできます。その場合は月々の返済があるので手取りは減りますが。

今、ブログアフィリエイトが人気ですよね。

元手いらずで簡単に始める事ができ、うまくいけば稼げるからです。

でも、毎月継続して5万円以上稼げている人ってごくわずかです。

しかも、その人たちは物凄い時間と手間をかけて努力をしています。

でも、収益不動産をもってしまえば、手間と時間をかけなくても毎月定額の入金があります。

今は物販(転売)で稼いでいる人も多いですね。

趣味でやっているレベルなら大した手間ではありませんが、本格的に儲けようと思ったら大変です。

目利きが必要ですし、商品の保管スペースや発送作業量もどんどんと増えていきます。

でも、収益不動産をもってしまえば、手間と時間をかけなくても毎月定額の入金があるのです。

アフィリエイトはある時期稼げていても、突然稼げなくなったりすることも多々あります。

googleアップデートの影響で収益が激減した人は何人もいるでしょう。

物販は景気によって売り上げが左右されてしまいます。

それに対し、不動産投資はそのような外的要因の影響を受けにくいです。

人が生活するためには住む家が必要だからです。

googleアップデートがあっても、景気が多少悪化しても、コロナが拡大しても、入居者さんは家賃を払い続けてくれるのです。

コメントを残す