なぜ副業に不動産投資を選ばないのか不思議です

不動産投資の抜群の安定感を知っている身としては、なぜみんなやらないんだろう?と思いますね。

放っておいても毎月安定した収入が入ってくるんですよ?

株式投資のように、モニターにずっとへばりついてなくていいんですよ?

FXのように、お金を一瞬で溶かす心配はないのですよ?

メルカリ転売のように、仕入れと発送業務に消耗しなくていいんですよ?

いつまでも売り上げが上がらないアフィリエイトを頑張らなくてもいいんですよ?

週末に飲食店でバイトをしなくてもいいんですよ?

ちまちまとポイントサイトで稼がなくてもいいんですよ?

それよりも、ほぼ何もしなくても毎月安定した収入が得られるのが不動産投資です。

あなたが副業・投資に全く興味がないなら、話はこれで終わってしまうのですが・・・。

興味があり、実際に上記のような方法で頑張っている方には、ぜひ不動産投資の素晴らしさを知ってほしいです。



資金が全くなく、安定した職業にも就いていなければ、不動産投資を始めるにはハードルがちょっと高いのも事実ですが・・・

通常は普通のサラリーマンであれば誰でもできるんですよ。

毎月貯金していますか?

意識して貯金をしていなくても、ある程度は余剰資金というか普段使わないお金ってあると思います。

そのお金、どうしていますか?

「普通預金に預けているだけ」

というのは、残念ですが愚の骨頂です。

普通預金に預けていても全く増えないどころか逆に減っていく可能性もあるからです。(理由はここでは省略します)

せめて国債を買うなり比較的安全そうな投資信託で運用すべきです。

その、「当分使い道のないお金」。

どうせ使わないなら、不動産投資に回したほうが賢いと思います。

使い道のないお金を5年なり10年なり普通預金で寝かせていても、ずっと同じ金額のままです。

それを不動産投資に使えば、5年後10年後にはだいぶ増えているはずです。

投資した金額を全額回収した上、不動産が自分のものになって多額の家賃収入も得ていることでしょう。

「話はわかるけど、何か面倒そうだなぁ」という方もいるでしょう。

不動産投資をするにあたって、面倒なのは物件を購入するまでです。

あとは、毎月特にやることがなく、家賃が自分の口座に振り込まれてくるだけです。

物件を購入するまでが面倒といっても、現在はネットで物件を探すのが主流ですし、売買の手続きなどは仲介業者さんが面倒をみてくれます。

5年10年経って振り返れば、あのとき不動産投資を始めてよかった!と思うことでしょう。



電子書籍を無料プレゼント

コメントを残す