ぼくの小遣いは1万円です

こんにちは。

みなとです。

サラリーマンのみなさんにお聞きします。

毎月の小遣いはいくらですか?

独身などで小遣い制ではない人は、毎月自由に使える金額をイメージしてください。

年代や年収によって違いはありますが、それらをひっくるめた小遣いの平均は3万円代後半くらいのようです。

ちなみに、僕の小遣いは毎月1万円です。(食費や生活必需品は含まれていません)

現在奥さんは専業主婦で稼ぎがないので、毎月奥さんにも1万円を小遣いとしてあげています。

ぼくの給料の中から、二人とも小遣い1万円ずつです。

以前に、会社の飲み会で同僚にその話をしたら、「1万円で足りるの!?」と驚かれました(笑

それもわかります。

自由に使えるお金が1万円。

二回飲みにいったらパーです。

ぼくは通勤電車で読書をしますので、それらの本代。

不動産投資の本なら1,500円前後、小説なら500~600円程度。

不動産投資の本を1週間に1冊買ったら、それだけで月に6千円になります。

ブログ運営にもドメイン代やサーバー代がかかっています。

上のほうで、この1万円には食費は含まれていないと述べましたが、厳密にいうと朝食代が含まれています。

ぼくは通勤時にコンビニでおにぎりやパンを買うのですが、この費用は奥さんから別途もらっていないのです。

パンやおにぎり1個でだいたい120円くらいですね。

月に20日出勤するとして、120円×20日=2,400円。

1万円じゃ無理でしょ!!

と思いますよね普通は。

でも、なにも奥さんが鬼嫁というわけではないんですよ。

結婚当初は、「小遣いは3万円くらいでいい?」と聞かれたのですが、僕が1万円でいいと言いました。

子供も二人いますし家計も何かと出費がかさむので、なるべく家にお金を残してあげたいんですよね。

本当は、小遣いゼロでもいいんです。

でもとりあえず1万円だけ貰っている感じですね。

というわけで、結婚してから小遣い1万円生活を3年間続けています。

かといって、ぼくはお金に不自由をしているわけではありません。

いえ、お金持ちではありませんが、1万円で十分にやっていけてます。

なぜかというと、不動産収入が入ってくるからです。

複数の賃貸物件をもっているので、入居者さんから毎月家賃をいただけるのです。

なので、「小遣い」という財布のほかに、「不動産収入」という財布をもっていることになりますね。

小遣いという収入以外にも、もう一つ別の収入源がある安心感。

不動産収入があれば、家計のお金にプラスして子供の学費の足しにできますよね。

家族を旅行に連れていったりプレゼントを買ってあげたりすることもできるわけです。

これは本当にありがたいですよ。

ただぼくの場合、そのもう一つの財布も別の意味で自由に使えないこともあるんですけど。

スマホを1年で機種交換したり、パソコンを買い替えようとすると奥さんに怒られるんです。

無駄遣い!もっとよく考えて、高くても長く使えるものを買いなさいと。

ごもっともですね。

だから、奥さんが実家に帰って不在のときなどに、こっそり服や靴やニンテンドースイッチなど好きなものを買ったりしています。

後々バレるんですけど(笑

資産を築くためには出費はほどほどにしないといけませんね。

200万円の物件で年間家賃60万円を狙う不動産投資セミナー

コメントを残す