不動産投資は結婚前に始めたほうがいい理由

日本では「投資」についての理解があまり定着していませんよね。

ですので、投資と聞くと・・・

怪しい

騙されそう

損をしそう

犯罪のニオイがする

など、初めから詐欺と疑ってかかる人も多いんですよね。

特にご高齢の方に多いですね。

今の世の中、その用心深さも大事ではあるのですが。

そして、投資の中でも「不動産投資」となると・・・

大金が動く!

そんな話に乗っかったら、破産してしまう!

くらいの勢いで拒否反応を示す人もいるでしょう。

それらは全くの偏見なのですが、投資についての知識がない人の立場になると、それもわからないでもありません。



このブログの読者さんは不動産投資に興味がある方だと思います。

もし、あなたが結婚してから不動産投資を始めようとします。

すると、あなたの奥さん(または旦那さん)が不動産投資に偏見をもっていた場合、上記のような理由で全力で反対するでしょう。

不動産投資は将来の資産作りとしては最適です。

家族の将来のために不動産投資をしようとしているのに、反対されてしまうのです。

奥さん(または旦那さん)は家族の将来を心配して反対するのです。

不動産投資をすると毎月家賃収入があるんだよ。

将来はこれだけ資産ができるんだよ。

と言っても、なかなか理解を得られないでしょう。

ですので、不動産投資をやると決めたら結婚前に始めるのをおすすめします。

不動産投資を始めて実績を積んでいけば、たとえ相手が偏見を持っていたとしても理解は得られます。

融資を受けていたとしても毎月の家賃収入からコツコツと返済し、確実に残債が減っていて手残りが貯まっているなら結婚の障害になることはないでしょう。

とくに女性の場合は現実的なので、実際にあなたが結果を出していればきっと応援してくれるに違いありません。

ぼくの場合もそうでした。

奥さんと結婚する前に、あるタイミングで不動産投資をしていることを伝えました。

もともとあまり関心がない分野だったようで反応は薄かったですが、あまり良い感触ではなかったですね。

「不動産投資をしていることは自分の両親には言わないでほしい」と言われましたから(笑

奥さん自身は反対しないけど、たぶん自分の親は心配するだろうと思ったのですね。

そして、奥さんと結婚してからは不動産投資の大事を言い続けました。

今はこの物件を持っているけど、将来はこうしていって最終的にはこうしたいと。

女性著者の不動産投資本を何冊もプレゼントして読んでもらいました。(これ結構効果あります)

徐々に奥さんの中に不動産投資が収まっていきました。

二人で物件を見に行くようにもなりました。

奥さんの理解が得られるようになったのも、結婚前に実績を積んでいたからだと思います。

結婚してから「不動産投資をしたい」と言ったら・・・

たぶん反対され、ぼくも心が折れて不動産投資を断念していたかもしれません。

ですから、不動産投資は結婚前に始めてしまいましょう!

3人のセミリタイア大家が伝える「不動産投資 パーフェクトスタートガイド」 

コメントを残す