火災保険は火災だけのものじゃないんです

不動産投資をする上で絶対に忘れてはいけないのが、所有物件に火災保険をかけること

不動産投資が安定して収益をもたらしてくれるのも、自分の建物に入居者さんが住んでくれるからですよね。

その建物に万一火災がおきた場合、助けとなるのが火災保険です。

火災保険に入ることで、予期せぬ災害リスクを抑えることができます。

不動産のオーナーとして、火災保険に入るのは絶対的な義務。

と同時に、「何かあっても備えになる」という安心感も得られます。

ですから、保険料をケチらずにしっかりと加入しておきたいですね。

不動産投資家さんの中には、「うちの建物はRCで燃えないから火災保険は不要」という人もいますが、それはちょっと違います。

なぜかというと、火災保険って火災のとき以外にも保険金が下りるケースが多いんですよ

ぼくの場合、台風で屋根が破損して雨漏りが発生しました。

入っている保険は火災保険だけです。

修理のために業者さんが色々と写真を撮ってくれていたのですが、これを使って保険申請をしたら保険金が下りました。

数万円ですが、修理代の大部分を賄うことができました。

正確には、保険金ではなくてお見舞金という名目だったのですが、「保険金が下りるわけがない」という気持ちでダメ元で申請してよかったです(笑

繰り返しになりますが、火災保険って保険金が下りるのは火災のときだけではないのです。

風雪害によって建物が破損したり、水道管が破裂したり、本契約以外にもオプションとして色々とカバーしているんですよ。

火災保険は色々使える!と覚えておきましょう。

すでに不動産投資をしていて火災保険に加入している方は、改めて契約書類に目を通して、どのような災害時に保険金が払われるのかチェックしておいたほうがいいですね。




電子書籍を無料プレゼント

コメントを残す