不動産投資は物件から離れた場所に住んでいてもできる

収益不動産を買うにあたって最初に考えるのが、どの種類の建物にするか。だと思います。

区分マンション、一戸建て、一棟もの・・・etc

次に考えるのが、どの地域の不動産にするか。ですよね。

なるべく入居者に困らない地域を望むとなると、どうしても首都圏になってしまいます。

たとえば、東京の物件を買うとします。

じゃあ自分も東京に住んでないと難しいのか?

北海道とか九州に住んでいたらムリなのか?

全然そんなことはありません!

不動産賃貸経営をする場合、管理会社に不動産の管理を委託します。

管理会社というのは、貸主と借主の間に入ってくれ、必要なやりとりを代行してくれる業者です。

その管理会社さえ対象不動産の近くであれば、貸主(オーナー)はどんなに遠方であっても大丈夫です。

建物に不具合があっても、不動産に近い位置にある管理会社がうまいことやってくれます。

貸主は電話やメールで管理会社と連絡さえとれれば大丈夫。距離は問題ありません。

というか、貸主が対象不動産のそばにいる意味はあまりないのです。

それは、管理会社が入っている以上、貸主にできることは何もないからです。

そばにいてできる事といったら、自分の建物を眺めるくらいです(笑

ぼくは首都圏に住み、北海道や九州に物件をもって6年くらいになりますが、距離の問題を感じたことは一度もありません。

たまに、「入居者さんから建物の不具合の連絡が入りました。修理の手配をしてもいいですか?」というメールが修理の見積書添付であるくらい。

それに対して、ぼくが「ありがとうございます。よろしくお願いします」と返信します。

後日、修理が終わった旨のメールが請求書添付で送られてきて終わりです。

ですから、物件の近くに住んでなくても全然OKなのです。

もちろん海外に住んでいてもOKです。

安心して物件探しをしましょう。




コメントを残す