築40年越えの一戸建てをいくつか持っています

ぼくが好んで買うのが、地方の古い一戸建て。

築40年を越えているのが6棟あります。

なんで、築年数が古く、しかも地方ばかり選ぶのだと思います?

単純です。

利回りが高いから。

では、なぜ利回りが高いのか?

地方の古い戸建は安いです。

でも、家賃はそこそことれるので、利回りが高くなるのです。

たとえば、ぼくが持っている築40年越えの戸建6棟の利回りを平均すると20パーセントほどです。

いまどき、年利20パーセントの投資って凄くないですか?



古い戸建ばかりもっていると、心配されることもあります。

修繕費がかかって大変なのでは?

ということですね。

実際、古い戸建は修繕が頻発しそうなイメージがあるので、不動産投資初心者は敬遠しがちです。

でも、実際にはそんなに頻繁に修繕はありません。

たまーに、管理会社から修繕の連絡はありますが、6棟合わせて年に0~2回ほどです。

普段、家に住んでいて修理って頻発します?

昨日はコッチが壊れた。

今日はアッチが壊れたって。

ないですよね。

築古の戸建だって変わらないんですよね。

一般的に、「利回りが高い=リスクが高い」といわれています。

たしかに、そういう面もあります。

でも、ぼくは「そんなに恐れることはない」と思っています。

修理があって当たり前。

利回り20パーセントもあれば、修理してもお釣りがくるし余裕で回していける。

そう割りきっています。

何かあっても、利回り20パーセントあれば大抵はカバーできます。

不動産投資の初期は資金力もないので、高利回りの古い戸建を積極的に買っていくべきです。



コメントを残す